野澤組のトータルアプローチ

  • 儲かる酪農経営を実現
  • 牛群改良
  • 酪農機器
  • 商品いろいろ
  • 家畜輸入
  • お問合せ
サイト内検索
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • 世界の牛受精卵移植状況(1999年)

    (エンブリオ トランスファー ニューズレター 2000年12月号)

     前年度に続いて1999年の牛受精卵の移植個数は、2年連続で新記録を達成した。520,000個以上の受精卵が レシピアント牛に移植されたが、50万個を超えたのは史上初である。下記の表に示す通りこれらの受精卵は 12万頭近くのドナー牛から採卵された 715,000個の移植可能卵から使用されたものである。これはドナー牛一頭当り 平均採卵個数が6個でフィールドデータとしては非常に高い数字である。100万個の線に到達する時期は極めて速く近づいており、 業界の発展を示すものである。採卵個数の2/3が移植に使われ、一年前と同じ様にその半分が新鮮卵、残りが凍結卵であった。

     地理的に見ると、この年の特長は、南アメリカでの移植個数の伸びが顕著であり世界の総移植数の20%近くを占めている。 アフリカ、特に南アフリカでの移植数は前年対比50%近くの急激な伸びを示した。一方、反対にアジアにおいては5%程度の伸びで、 インド、パキスタンを始めその他の国では全く報告がなされていない。

     ヨーロッパでは8%の伸びであったが、これは部分的には英国におけるデータ収集の方法が改善されたことに起因する。 北米ではほぼ前年並みであった。米国では143,057個、カナダで 48,615個であった。受精卵の輸出では米国が18,370個 (乳牛と肉牛の割合はほぼ半々)で、カナダが9,005個と報告されている。

    大陸 採卵回数 移植可能卵 移植個数  合計
    新鮮卵 凍結卵
    アフリカ 1,765 10,005 3,766 1,949 5,715 ( 1%)
    北米 51,224 299,180 98,391 99,495 197,886 (38%)
    南米 12,719 92,400 58,423 34,929 93,352 (18%)
    アジア 11,519 74,811 11,684 38,487 50,171 (9.6%)
    ヨーロッパ 26,429 145,305 54,286 75,494 129,780 (25%)
    オセアニア 15,508 92,655 29,182 14,626 43,808 (8.4%)
    合計 119,164 714,356 255,732 264,980 520,712

     北米とヨーロッパ以外の地域におけるデータとしては、下記表の様に4ヵ国が群を抜いていて、ブラジルと日本が それぞれ70,000個と45,000個を移植したと報告している。アルゼンチンと南アフリカが14,000個と5,500個を移植している。 これに次ぐのが中国で4,500個であった。

     体外受精卵の分野では、世界で50以上のチームがこの技術に携わっているとされているが、報告が完全では無く 個数の把握は困難である。しかし、移植は30,000個以上と見なされている。国単位では日本が世界をリードしており 1999年に8,000個の体外受精卵を移植し、その60%が凍結卵であった。

    国別 採卵回数 移植卵個数 合計
    新鮮卵 凍結卵
    ブラジル 9,416 50,632 23,588 74,220
    日 本 10,473 8,987 36,259 45,246
    アルゼンチン 3,237 7,438 7,381 14,846
    南アフリカ 1,761 3,756 1,888 5,644
野澤組の本社サイト twitterFacebook
ページの先頭へ