サイト内検索
  • 会社概要
  • サイトマップ

ノサワフライヤーズ

7H4213 ロブソム インテグリティー ー 米国のホルスタイン種雄牛で史上5頭目の100万本生産達成!

米国のホルスタイン種雄牛で史上5頭目の100万本生産達成!

 2001年5月23日、米国オハイオ州セレクト サイアーズインテグリティーが、歴史上米国で5頭目の精液生産100万本を達成したと発表しました。 セレクト サイアーズ35年の歴史では、マンディンゴ、クレイタス マシーにつぎ3頭目の偉業であります。
 インテグリティーは精液生産の多い種雄牛で、受胎率も高いことで知られています。精液生産が多いだけでなく、娘牛への素晴らしい遺伝伝達能力は世界中の酪農家より高い評価を受けています。

 1995年7月にセレクト サイアーズのPGAサンプリングシステムにより成績が公表されると、すぐに娘牛達は共進会に強いタイプと乳量の高さが注目され、一躍人気種雄牛となりました。2001年5月のサイアー サマリーにおいては、23,584頭の娘牛達が評価されています。

 インテグリティーの生産者であるミズーリ州のロブソム牧場では、インテグリティーをほぼ全頭に種付けをしましたが、すべて乳房は素晴らしく、乳量の低い娘牛は1頭もいなかったと言っています。そして、インテグリティーはどのようなタイプの雌牛にも交配できると付け加えています。

 セレクト サイアーズでは、現在も12頭のインテグリティーの息牛が後代検定成績の公表を待っています。セレクト サイアーズにおいてインテグリティーの娘牛は、将来の種雄牛を作出する雌牛(種雄牛の母)としても非常に高い評価を受けており、既に7h3948エモリーや7H5157ダーハム等が交配されています。

バンダイク K インテグリティ パラダイス
(EX-94-EX-MS)
シュープリーム チャンピオン World Dairy Expo 2000
アイディ ラストレ (VG-89)
1st Sr. 3-Yr-Old Royal Winter Fair 2000
野澤組の本社サイト twitter Facebook
ページの先頭へ